メニュー

PCR試薬の準備


PCR試薬(マスターミックス)の準備

PCR装置のご使用にあたり、検体以外にPCR試薬(マスターミックス)の準備が必要です。PCR用試薬とは、簡単には以下のものを混合したものになります。
この中で①②は検出対象毎に特有のものになります。
別ページの「プライマー・プローブの準備」をご参照ください。

① プライマー・・・・・・・DNAを特定するもの
② プローブ・・・・・・・・増幅時に蛍光を発生するもの
③ 酵素(ポリメラーゼ)・・・DNAを成長させる触媒
④ ヌクレオチド・・・・・・増幅されるDNAの材料
⑤ バッファー・・・・・・・試薬を安定化させる溶媒
⑥ 薄め液・・・・・・・・・反応に影響しない水

弊社では①と②を混合したものをプライマ・プローブミックス、①~⑥のすべてを混合したものをマスターミックスと定義しています。
⑥はPCR grade water※1の名称で理化学機器ディーラからの購入が可能です。

モバイルPCR装置では、検体を高速で温度変化させています。このため特に酵素は「高速反応型」とメーカが規定しているものをご使用いただく必要があります。
選択条件において主となるものは以下の通りとなります。

  • 酵素反応速度の速いもの
  • ホットスタートは化学修飾のものでは無く抗体修飾のもの
  • 5'→3'エキソヌクレアーゼ活性のあるもの(TaqManR※2プローブなど)

※1)弊社ではinvitrogen社のUltraPure Distilled Waterを使用しております。
※2)TaqManRはRoche Molecular Systems, Incの登録商標です。