メニュー

PCRとは


PCRとは

動物、植物、菌、ウイルスなど生き物はすべてDNA(若しくはRNA)をもっており、このDNAは2本鎖でハシゴのような構造になっています。ヒトゲノムでは約30億対にもなるDNAですが、その中にその生き物特有の「配列」が存在し、その配列を検知する事により、生き物の種類を特定することができます。この「配列の種特異的な部分を検出する」事に着目し、僅かな生き物の断片からその生き物を特定する事を目的とした方法の一つがPCRという遺伝子増幅技術です。

PCRでさまざまなDNAの測定が可能に!

PCR(Polymerase Chain Reaction=ポリメラーゼ連鎖反応)とは、DNAを増幅するための原理、もしくはそれを用いた手法の事で、以下のような特徴を持っています。

  • ヒトゲノム(30億塩基対)のように、非常に長大なDNA分子の一部、特定のDNA断片のみを選択的に増幅できる方法であり、しかも、極めて微量の試料からその目的を達成することができます。
  • 増幅・検出にかかる時間が短い。
  • プロセスが単純なため、全自動の装置を用いることで、簡単に目的が達成できます。